FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←鸞奇談 10-10 →鸞奇談 11-2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 小説
【鸞奇談 10-10】へ  【鸞奇談 11-2】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

小説

鸞奇談 11-1

 ←鸞奇談 10-10 →鸞奇談 11-2


夜闇の中、ヒュンヒュンと家々の屋根を軽々と飛んでいく二つの影。


で、二箇所は制圧済みだそうだが、残りは?

楝君がいうには、この辺りらしいよ。それもかなりの大人数!


その正体は、朱殷と、琅玕だった。

『へぇー・・・そいつぁ腕が鳴るなぁ・・・!』

『Σってちょっと;!今回はあくまで捕らえるのが目的なんだから
 やりすぎないでよ!?俺まで怒られる!』

前が見えない新月の夜とは思えない軽やかな動きで迷いなく進んでいく
二人の目的はただ一つ。

残った盗賊たちを一気に捕らえる為に現場に向かっているのだ。

目指すは、青藍が導き出してくれた(というより脅して吐かせた)潜伏場所だ。

意気揚々と突っ走る朱殷の様子に、移動中の現時点でやれやれ顔の琅玕。

血気盛んとほわーんとした温和という何とも珍妙な組み合わせである。




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 小説
【鸞奇談 10-10】へ  【鸞奇談 11-2】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【鸞奇談 10-10】へ
  • 【鸞奇談 11-2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。