FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←鸞奇談 11-2 →鸞奇談 11-4
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 小説
【鸞奇談 11-2】へ  【鸞奇談 11-4】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

小説

鸞奇談 11-3

 ←鸞奇談 11-2 →鸞奇談 11-4


お久しぶりでございます。楝様・・・

・・・・・・・・・・

ストンと着地を決めた二つの影。蝋燭が緩く姿を映す。

『やぁ、瑪瑙丸(めのうまる)硨磲丸(しゃこまる)。変わりないみたいで何よりだ』

跪く姿勢で小さく微笑む二人に、楝も優しい微笑みを返した。

【最近、お呼び出しがございませんでしたので、お役御免になったかと
 冷や冷やでございましたよ。皆もそういっていたでございます】

『アハハ、ここのところは平和だったからねー。皆にも謝っておかなきゃなー』

赤に近い茶色の長い髪を三つ編みに束ね、頭に小さな帽子を被り
右目にだけ片眼鏡をつけるという奇抜な格好をした、少女のような顔立ちをした華奢な少年と

【・・・・・・・・・・・・】

『硨磲丸もそう思ってたの?そんなつもりはなかったんだけど、ごめんね?』

白い髪にところどころ深緑色の染色が入ったお河童頭は前髪が目元を隠すほど長く
首に巻いた布で口元まで隠した、こちらもまた不思議な背が低く幼げな少年。

二人とも異国情緒のある不思議な格好をしており、左手の薬指にやけにごつい指輪
(瑪瑙丸は赤、蝦蛄丸は白い石が埋め込まれている)をつけている。

『早速だけど、仕事をしてもらいたいんだけど、いいかな?』

【勿論でございます。その為に私達(わたくしたち)がいるのでございますから。
 そうでございますよね?硨磲丸!】

【・・・・・・・・・・・・】

『ありがとう。そういってもらえると嬉しいよ、瑪瑙丸。硨磲丸もありがとう!』

【・・・・・・・・・・・・】

硨磲丸は一切言葉を発しないが、どうやらやる気はあるらしい。瑪瑙丸はいわずもがなで、

【久しぶりで気合が入るでございますー!!】とはしゃいでいる。

『では、二人とも・・・始めようか・・・?』

楝のこの言葉が引き金となったのか、瑪瑙丸は片眼鏡を、硨磲丸は口元の布を取る。



その瞬間、二人の指輪がキラリと光るのが見えた。



スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 小説
【鸞奇談 11-2】へ  【鸞奇談 11-4】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【鸞奇談 11-2】へ
  • 【鸞奇談 11-4】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。